反応薄かった?!   鈴木鼓太郎のWRESTLE-1参戦





閲覧ありがとうございます。
でむろい・まぁーちんです。
(以下、全て敬称略)


2日前だったか、AJスタイルズのWWEロイヤルランブル出場がネット上で報じられました。
1/4東京ドームで試合をしてから1か月も経たないうちにWWEのPPV出場。
予想されていたこととはいえ、流れが早い。
この事実をスンナリと受け入れらない自分がいる。

中邑真輔も、4月1日のテキサス州ダラスでの大会でデビューが決定したとのこと。
「AJスタイルズと中邑の試合が見られるのなら・・・」
WWEが見られるJスポーツの視聴契約者は倍増?!




昨日書きましたが、WRESTLE-1の1/10後楽園大会を見ました。

「淡々と前座を見終わり・・・」という中、アンディ・ウーvs大和ヒロシのクルーザーディビジョンチャンピオンシップ終了後、全日本プロレスを離脱した鈴木鼓太郎がリング上に。


昨年、元ノア勢の3人が全日本プロレスを相次いで離脱。
潮崎&金丸がフリーとしてノアに参戦していることは知っていた。

だが、鈴木鼓太郎がどのリングを活躍の場に選択したのかは知らなかった。
個人ブログでも書かれていなかった気がする。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。


PVランキング にほんブログ村 格闘技ブログへ




鈴木鼓太郎のWRESTLE-1参戦。
これって、事前に発表されていたのだろうか?
私は1/10後楽園大会を見るまでは知らなかっただけに、ちょっと驚くと共に意外にも感じた。


事前に報じられていたのなら合点がいくが、それにしても鼓太郎に対してのファンの反応は鈍いというか、薄かったように思う。
試合映像を見る限り。


鼓太郎は、数々のジュニアのベルトを巻いてきたレスラー。
その鼓太郎が大和に対して、ベルト挑戦をアピール。
にも拘らず、場内は意外にもシーンとしていた。


観客が少なかった。
それもあるだろう。。
だが、もうちょっと歓声が飛んでも良さそうなもの。




鼓太郎に対して、ファンが反応しなくなっているのか?
WRESTLE-1のファンは比較的新しい、新規の方ばかりだからか?
その辺は不明。

深刻に考え過ぎかもしれないが、鼓太郎が厳しい状況に置かれているように感じた。

"誰でもウェルカム"とは縁遠い雰囲気。
拍手喝采とはならなかった現実。

WRESTLE-1参戦が良い方向に、そして1年くらいの長期間に渡っての抗争・展開になれば良いが、果たして・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/29 09:02 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/961-71422f99