FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

意外だった棚橋弘至のG1クライマックス制覇



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


一昨日、日本武道館でG1クライマックス28最終戦が行われ、Aブロック1位の棚橋弘至とBブロック1位の飯伏幸太が対戦。
35分00秒、ハイフライフロー3連発で棚橋弘至が勝利。

棚橋弘至にとっては3年ぶり3度目の優勝。
来年1月4日、東京ドーム大会のメイン出場権利証を獲得した。


私は日本武道館大会3連戦をテレ朝チャンネルで観戦。
繰り広げられる熱戦の数々に大満足。
(^-^)/

今年で28回目となるG1クライマックス。
大会前、オカダ・カズチカとケニー・オメガ、飯伏幸太と内藤哲也。
この4人が“消えることはない”と思ってた。

優勝した棚橋弘至には失礼な話だが、棚橋弘至の優勝戦進出は考えて無かった。
“優勝戦の圏外”と思ってた。

優勝云々は勿論、優勝戦進出は無いと思ってたので、棚橋弘至×オカダ・カズチカの試合結果には驚きました。


さらに驚いたのが、G1クライマックス終了後、棚橋弘至がオカダを逆指名したこと。
「挑戦権利証をかけて、オカダと戦いたい」
「オカダを倒した上でドームに行きたい」

10月の両国国技館で、棚橋弘至とオカダが対戦?!
この流れは予想外。

ケニー・オメガと飯伏幸太、内藤哲也の3人が割って入る隙があるのか?
今後のタイトルマッチ戦線に注目したい。


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


   【スポンサード・リンク】
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/08/14 07:16 ] プロレスリング | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/08/14 13:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1381-a6f96d7e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。