FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨夜放送の「RIZIN 11」の印象



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


昨夜放送の「RIZIN11」。
録画して観ました。

レビュー、前振りの映像がバカ長かった。
「これでもか!」ってくらいのCM回数。

「この後、すぐ」、「ゴング間近!」
この常套句にもウンザリ。


亀田兄弟の試合中継も、しつこいCM回数だったが、昨日の「RIZIN11」も酷かったね。
試合は、浅倉カンナ×RENAを筆頭に白熱した展開だったので、放送形態の悪さだけが印象に残った。

これからも、格闘技中継は録画しての“追っかけ再生”がベストだと思う。


それと、最後にもうひとつ。
ゴルフや格闘技がそうだけど、競輪や競艇なんかをはじめ、どのスポーツも“女性>男性”が顕著になりつつある。
ちょっと前なら、浅倉カンナ×RENAは数ある対戦カードのひとつに過ぎなかった。

それこそ、休憩前のエキジビションマッチ的な一戦だったかもしれない。
それが今、メインで地上波放送。

プロボクシングの世界戦が微妙な扱いになってる昨今、これは凄い事。
スポンサー筋からの支持、要望が無ければ、生中継されなかったと思う。
RENAのスター性が評価されてるのだろう。

これからも、ガールズ競技が幅を効かすと思う。


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/07/30 10:04 ] 総合格闘技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1377-651f17dc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。