会津桧原駅(JR東日本 只見線)

   【スポンサード・リンク】




閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


只見線の駅訪問記です。
今回は会津桧原駅です。
アイヅヒノハラと読みます。


民家が立ち並ぶ道の先に会津桧原駅がありました。




緑色のトタン屋根が印象的な待合室。



   【スポンサード・リンク】



待合室の長椅子もカーブ形状。




時刻表と運賃表。






待合室と駅名標。 逆光だったのが惜しまれる。





会津西方駅方面を望む。  近くには墓地がありました。



1面1線の単式ホーム。 駅ホームの白線が引き締まった雰囲気を演出してる。




  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】





会津桧原駅の駅名標は、只見線の中では綺麗な方でした。 「桧」の字だけ修正されていた。



この時も駅ホームには私一人だけでした。  乗車人員は1日平均10人前後とのこと。



   【スポンサード・リンク】





待合室に掲げられてる駅名標も綺麗でした。




逆光の下、写真撮影したのです。







修正されてた駅名標の「桧」の字は以前まで「檜」だったと推測される。




会津桧原駅の待合室にはトイレが無かったと思います。


会津桧原駅の周辺には民家が数軒ありましたが、国道沿いだったので寄ることに。

只見線の駅巡りも残すは3駅のみ。
撮影に際しては、好天だったことが何よりも幸運でした。
それと、駅ホームに人がいなかったこと。


   【スポンサード・リンク】
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/03/13 06:20 ] 鉄道 & 駅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1345-cf63633e