FC2ブログ














IWGPヘビー次期挑戦者 SANADA.に決定



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


新日本プロレスの1・4東京ドーム大会が終わりました。
注目のメイン、オカダ・カズチカvs内藤哲也のIWGPヘビー級戦はオカダが勝利。
30分を超える熱闘の末、レインメーカーで内藤を仕留めた。


毎年、ドーム興行が終わると空虚な気分になる。
新日本プロレス以外の他団体も然したるビッグマッチが無いし。
ところが・・・。


つい先日、新日本プロレスがビッグマッチの対戦カードを発表しました。
札幌2連戦と大阪府立のメインカード。



   【スポンサード・リンク】




ケニー・オメガ×ジェイ・ホワイトのIWGP USヘビー級戦は想定内だが、棚橋弘至×鈴木みのるとオカダ・カズチカ×SANADAは少々意外に感じた。
「何故?」と。

どっちかっていうと、棚橋弘至×SANADAとオカダ・カズチカ×鈴木みのるの方がしっくりくる。

そうは言っても、SANADAのIWGPヘビー級王座挑戦は素直に嬉しい。

過去に何度か、当ブログに書いてきたが、SANADAはもうちょっと“上”で使って欲しい。
新日本プロレス参戦前は他団体でエース級の扱いだったのだし。
今回の抜擢は文字通り、満を持す王座挑戦。


絶対王者オカダ・カズチカにとっては、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン相手に3連続防衛戦になる。
SANADAを下すと一通り対戦したことになる。

ケニーや飯伏幸太との防衛戦はGⅠ以降か?!
内藤哲也との一戦は暫くの間、あるまい。
恐らく。


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


   【スポンサード・リンク】
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/01/11 07:55 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1320-4188beb6