中山金杯 & 京都金杯






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


新春競馬。
今日から3日間開催。
重賞GⅢ戦が4つ組まれてます。


社会人成りたての頃、新日本プロレスの東京ドーム大会と中山金杯をセットで何度か生観戦したことを思い出します。
今現在、あの頃の情熱も体力も無くなり、自宅でのテレビ観戦が毎年続いてる。


今年のマイル戦線を占う京都金杯。
ハンデ戦だが、4~5歳の上がり馬が重賞初制覇するのが恒例だったが、それはもう昔の話。

今年は13頭立て。
クルーガーがトップハンデという小粒なメンバー。
ローズステークス覇者ラビットランの参戦がせめてもの救い。

間違いなく阪神カップの影響ですね。
予想するのも馬鹿らしいので“見”です。



   【スポンサード・リンク】






中山金杯も小粒なメンバーなんだけど、古馬重賞で好成績を残した4歳牡馬のが参戦が嬉しい。
セダブリランテス、ウインブライト、ダイワキャグニー。
近走不振だが、弥生賞馬のカデナもいる。

馬券買うなら断然、中山金杯の方。

人気でも、セダブリランテス&ダイワキャグニーが本線。
馬連&ワイドで。
ウインブライトは人気になり過ぎなので、一枚割引。

一応、これから「競馬予想TV!」を再度見ます。
ヒロシTMの本命◎マイネルミラノは消しです。
 (^-^)/


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/01/06 08:14 ] 競馬 & 馬券 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1319-d0435282