FC2ブログ














井岡一翔、亀田興毅、“神童”那須川天心







閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


年末のプロボクシング興行以降、スポーツ新聞hpの格闘技記事が充実。
頻繁に更新されている。
(PCで確認する限り。 スポーツ新聞を買ってないので。)

喜ばしい半面、情報が溢れすぎてる印象。
1/4には新日本プロレスの東京ドーム大会があるし。


今朝は、亀田興毅の現役復帰宣言がトップ記事に。
「やり残したことがある」と。
話半分に聞く程度に留めとくべきか。





亀田3兄弟についてはドタバタ劇の印象しかない。
ジム所属問題に、父親のライセンス(セコンド)問題、やくみつるとの公開テレビ討論など。

国内でタイトルマッチを行えない日本人ボクサーなんて、前代未聞。
あり得ないこと。

折角の好素材、逸材揃いなのにつまらないケチが付いてしまい、ダーティーなイメージが強くなってしまった。

興毅&大毅が引退後、バラエティー番組に出演して当時の話をしてくれた。
これを見て、好印象を持った人は多いと思う。



   【スポンサード・リンク】



井上尚弥のKO防衛で沸いた日本ボクシング界。

井岡一翔の引退表明にはショックを受けました。
まだ現役続行できるだろうに。
28歳ですよ。

現役復帰については、「可能性ゼロとは言えない」と含みを持たせた記事を目にした。
当然と言えば、当然。






これまでの世界チャンピオンの引退。
その理由は、敗戦が殆ど。

網膜剝離など怪我を理由に引退することもあったが、比較的に少なかった。

今回の井岡一翔は特異。
非常にレアケース。
「本当の引退理由は何?」と、疑問に思うファンは多いと思う。

スポーツ新聞を買ってないので不明だが、井岡一翔の引退表明記事は田口良一の統一王座達成と同等の扱いだったのでは?


私にとっては井岡一翔の存在は大きかった。
井上尚弥や山中慎介と並んで、“ビッグ3”と言えた。


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】




今朝のスポニチhpに「“神童”那須川天心がボクシング参戦に意欲」という記事が載ってました。
井上尚弥と「手を合わせてみたい」とも。

ヘッドギアを装着しての軽いスパーリングは実現可能だろうけど、実戦形式は無いと思う。
ましてや、公式戦なんて。

雑誌の対談なら早期実現可能か。


過去に、国際式とキックの選手の対戦、グローブを交わることは何度もありました。
私の記憶に残るところでは土屋ジョーと吉野弘幸の2人。

Wikipediaを見ると、共に試合数は僅か。
戦績も振るわない。

西城正三ほどの実績を残してない。
(藤原敏男との一戦は注目を集めた)


那須川天心がのボクシング参戦は否定しない。
ただ、あの飛び蹴りがあるのだから、「なにも国際式へ転向しなくても・・・」という気がする。

魅力半減でしょ?!

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/01/02 07:44 ] プロボクシング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1316-4c3e8490