チケットはソールドアウト 大成功に終わった『G1 SPECIAL in USA』






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


7/2、3の2日間に渡って、テレ朝チャンネル2で放送された新日本プロレスのアメリカ遠征。
「G1 SPECIAL in USA」
アメリカ・ロングビーチ コンベンション アンド エンターテイメント センター大会。

定番のIWGP各タイトルマッチ以外に、初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメントが組まれるという大盤振る舞い。
2日間共、4時間弱の長時間枠放送。
それに見合うだけの試合内容でした。


   【スポンサード・リンク】




5千人以上入る、もっと大きな会場かと思ってたが、意外にも2千人規模のキャパシティー。
ハウスショーといった趣。

事前に規制してたのか?
応援ボードをかざすファンは少なかったが、本場アメリカの雰囲気が十分感じられた。

ケニー・オメガの初代IWGP USヘビー級王座戴冠は予想通り。
特に書くことはないですね。
試合は高水準のハイスパート・レスリングだったし。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ




個人的な感想としては、小松洋平&田中翔のファイトを見れたのが嬉しかったです。
前半戦とはいえ、2日間共、タッグ戦に出場。
小気味良いタッグプレーは印象に残りました。


飯伏幸太の解説もGOOD!!
至れり尽くせりのアメリカ遠征の中継でした。
 \(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/04 07:12 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1235-d2867c60