ヒモ荒れ必至!?  ラジオNIKKEI賞






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


先週のGⅠ宝塚記念。
ミルコ・デムーロ騎乗の3番人気サトノクラウンが快勝。

キタサンブラック&シャケトラは馬券圏外に。
3.5.4番人気での決着だったが、単勝オッズ1.4倍のキタサンブラックが沈んだのだから、大波乱といっていい。

我が本命馬ミッキーロケットは6着。
今春もマイナス収支で終わった。
 (T_T)


   【スポンサード・リンク】




今週の重賞は2つ。
ラジオNIKKEI賞とCBC賞。
共にハンデ戦。

CBC賞は馬券を買ったことが無いけど、ラジオNIKKEI賞は出走メンバーが良ければ馬券買ってます。

トップハンデはサトノクロニクルの57キロ。
最軽量はグランドボヌールの50キロ。

ラジオNIKKEI賞は3歳重賞唯一のハンデ戦だが、斤量差が殆ど無いのが通例。
当たり前になってる。

ところが、今年は7キロ差がある。
重賞ウイナーがいなくて、この斤量差。
ヒモ荒れ必至!?


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ






トップハンデでもサトノクロニクルは連を外さないとみます。
人気ですが、これが軸。

相手は絞って、セダブリランテスとクリアザトラック。
牝馬は消します。

買う券種は、馬連&ワイドのみ。
宝塚記念で残金吹っ飛んだので、買っても少額です。
 w(゚o゚)w

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/02 06:00 ] 競馬 & 馬券 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1233-a3740c2a