桑名川駅 (JR東日本 飯山線)






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


今日は木曜日。
暖かな日が続いてるせいか?
一週間が経つのは早いですね。

今週は、立て続けに放送された新日本プロレスの試合だけでなく、撮りためていたドラゲーや全日本プロレスの試合も視聴。

単なる偶然か?
ドラゲーも全日本プロレスもシングルのリーグ戦、シングルマッチ中心の放送であった。

石川修司のチャンピオンカーニバル優勝に驚かされたが、まさか三冠ヘビーまで奪取するとは思わなかった。

今、石川修司や真霜拳號、ボディーガーなど、他団体の主力選手が多数、全日本プロレスのマットに参戦している。
賛否両論あると思うが、個人的には好ましく感じてる。

新日本プロレスやドラゲーのようなハイスパート・レスリングも良いが、大型選手同士のぶつかり合いは捨てがたいものがある。
プロレスの醍醐味といえるのだ。





話は変わって。

今年の春先に訪問した駅を紹介したいと思います。

前回は、上桑名川駅を取り上げました。
今回は、桑名川駅(JR東日本 飯山線)を紹介します。


飯山線の中でも最大級の駅舎を誇る桑名川駅。
ちょっとした道の駅にも見劣らない大きさ。







待合室の椅子はピッカピカ。



1面2線を持つ島式ホーム。

飯山線は1面1線の駅が多いのですが、この駅は列車交換駅としても重要な役割を果たしているようです。




駅舎からホームへたどり着くには構内の踏切を渡る必要がある。

画像には映ってませんが、駅舎内に駅員(非常勤職員?)がおりました。
無人駅と思ってたので、少しビックリ。

「あと40分くらい経たないと列車は来ないよ」と、お婆ちゃんに列車の案内をしてました。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。 

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

 【スポンサード・リンク】




踏切上から撮影した画像。







この時も駅ホーム上には私一人だけ。
この駅も1日の平均乗車人数は20人以下のようです。





無駄に馬鹿デカく思えた駅舎。
ウィキペディアを見ると、「保線の拠点であり、作業員の休憩所を兼ねるため、駅舎はやや大きめ」と記載されてました。




駅名標。






待合室同様に駅ホームの椅子もピッカピカ。




この駅に訪れたのは4月下旬。
驚いたことに、まだ雪が残ってました。
 w(゚o゚)w

1ヶ月前とか、3月下旬でもこの辺はかなりの積雪だったと想像できますね。

桑名川駅の滞在時間はおよそ15分弱。
車で次の駅である西大滝駅に向かう。

足早に移動する理由は、太陽が高いうちに訪問したいと思ったからです。
夕方ですと、どうしても写りが悪くなるので…。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/06/15 07:11 ] 鉄道 & 駅 | TB(0) | CM(2)

予行練習

コジさん、コメントありがとうございます。


飯山線は私が想像してる以上に雪深い地域で運行してるようですね。

後々、アップ予定ですが、最高積雪記録という記念碑が建てられてた駅がありました。

本当は北海道へ行きたいのですが、時間が用意できず。
疑似体験というか、北海道へ行く際の予行練習になりました。
[ 2017/06/19 05:15 ] [ 編集 ]

桑名川駅

引き込み線の先に、シャッターで閉じられた車庫が。
保線車両が中に?
ひょっとして・・・除雪車(ラッセル)が隠してあったかも?


[ 2017/06/17 10:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1223-d7c1bb6a