到底、納得できる採点ではないっ!!



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


先週末は急用が入り、バタバタしてしまった。

競馬のGⅠオークスやプロ野球、そしてプロボクシング中継をオンタイムで見れず。
昨日、録画したプロボクシングをまとめて一気に観戦。

エキサイティング且つ、スリリングな試合の連続で満足したけど、村田の試合の採点には疑問が残った。

この試合、翌日、つまり日曜日の朝、スポーツ紙の一面を見て結果を知りました。
「村田、敗れる」の文字。


 【スポンサード・リンク】



村田の敗戦はある程度覚悟してたが、あの採点はない!
酷過ぎる。

「ナヌッ、村田が111ポイント?」
「ってことは、エンダムが9ラウンドも制したって?」
「なんだよ、その採点!」

これが偽りのない心境です。
オンタイムで見てたら、間違いなくブチ切れてたと思う。


手数(パンチの数)と有効打、どちらを優先し、“上”に取るか?
それは見解が分かれるところなんだけど、あそこまで偏る採点はあり得ない!!

ホント、腹立ちました。
到底、納得できる採点ではないです。

エンダムとのリマッチや別団体からの世界戦オファーの報道がせめてもの救い。
どっちでも構わない。
早急に試合を組んで欲しい。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/24 08:57 ] プロボクシング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1214-79d455aa