外国人選手について



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


早いもので、プロ野球が開幕して1週間が経とうとしてます。
オープン戦で不振だった巨人が開幕5連勝。

逆に、オープン戦をぶっちぎりの首位で終えたロッテが開幕4連敗。
昨日も敗色濃厚だったが、逆転勝ちで今季初勝利。

公式戦とオープン戦は別。
直結しないといわれるが、この2チームに限っては真逆の結果に。



 【スポンサード・リンク】



今週、ロッテと楽天の主催試合がデーゲームで行われてる。
平日のデーゲームは異例だが、春休み期間だからなのだろう。
ナイターよりもデーゲームの方が気温が高いから、観戦するには快適だし。


今日のロッテvs日本ハムは注目に値する。
ロッテの先発はルーキーの佐々木千隼。
日本ハムの先発は“崖っぷち王子”斎藤佑樹。

勝敗抜きに楽しみな組み合わせ。
録画して、夜見ようと思う。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ




他の試合については特に論じることはない。

ただひとつ、気になることがある。
それは外国人選手の多さ。

ただの偶然なのか?
今日の5試合、先発投手10人のうち、外国人選手が4人もいる。
昨日はスタンリッジだけだった。

私個人の好みなんだけど、先発投手が外国人選手だと見る気にならないんです。
興味が湧かないというか。




この件とはちょっとニュアンスが違うんだけど、メジャーリーグ中継も日本人が先発しないと見ません。
降板、ノックアウトされたら、その時点で視聴終了。

この感覚&心境は以前、当ブログに書いたことがある。
結論を書けば、外国人投手はストッパーだけにして欲しいです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/06 08:40 ] プロ野球 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1189-03c0df22