生活保護の実態






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


昨日放送の「好きか嫌いか言う時間」。
テーマは、生活保護。

生活保護費は年間4兆円。
防衛費5兆円に迫る勢いで増えてるとのこと。
番組内では公的扶助についても触れられていた。

日常生活では知ることのない生活保護費の額や免除項目を知ることができた。
不正受給者の増加で、社会保障制度の崩壊は近いみたいです。


 【スポンサード・リンク】



「国や行政は、全国民の味方ではない」
「何事も面倒臭がらず、自分で調べ上げて行動した者にだけ、真摯に向き合ってくれるんや」
これはVシネマでの萬田銀次郎のセリフ。


「正直者が馬鹿を見る」。

いつの時代も甘い汁を吸い続ける人間はいるんです。
生活保護の不正受給は今後も減ることはない。
収賄や官僚の天下りも無くならない。


甘い汁を吸い続ける人間を野放しにしておいて、善良なる国民に消費税10%を強いるなんて馬鹿げてる。
到底、納得できるものではない!


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/07 02:57 ] ラ  イ  フ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1168-1d027037