鈴木軍の参戦で新日本マットに変化?!



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


新日本プロレスの1/4東京ドーム大会が終わった。
私は当日深夜放送を録画視聴。

放送を見る前に試合結果を知りたくなかったので、ネットは一切見ず。
完全遮断。


2時間半の拡大放送だったので、かなり期待してたのだが、冒頭のタレント紹介シーンが長すぎて少々興醒め。
8分近くもの間、殆ど意味の無い会話に終始。
ウンザリした。

これを深夜に観ていたら、呆れて閉口。
サッサと眠ったと思う。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ





ワールドプロレスリング東京ドーム大会スペシャル。
冒頭のタレント紹介シーンを除けば、放送内容は申し分なかった。
大満足。


試合順に放送と思いきや、いきなり内藤vs棚橋のIWGPインターコンチネンタル戦。
続いて、オカダvsオメガのIWGPヘビー級戦。

共に長時間マッチになったが、ほぼノーカットで放送。
この2試合終了時点で深夜1時半を過ぎていた。(と、思われる)

放送時間枠の約半分をこの2試合に割り当てるとは思っていなかった。
大英断といえますね。

この2試合だけの放送でも、ゴールデンタイムに通用するのでは?

他局はボクシングや総合格闘技を放送してる。
テレ朝もやってれば、反響が大きかったのでは?
そんな事を考えもした。

それくらい、見ていて引き込まれる試合展開だった。



東京ドーム大会の翌日、後楽園ホール大会に鈴木軍が乱入したらしい。
ノアとの抗争よりも、CHAOSとの抗争の方がファン受けしそうな予感。

丸2年近く封印されてただけに、新鮮な展開が望める。

ただ、鈴木軍の参戦で溢れる選手もいるのではないか?

名前を挙げるのは引けるのだが、田口隆祐の試合出場が減ってしまう気がする。
中西学も。
(新日本プロレス所属選手の中では田口と中西が好きです)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/06 08:25 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1128-1d20f46e