「好きか嫌いか言う時間SP」





閲覧ありがとうございます。
でむろい・まぁーちんです。
(以下、全て敬称略)


クリスマス・イブ以降はどのチャンネルも2~3時間枠の特番が多いですね。
幾つかピックアップして録画見してるけど、どれもイマイチな印象。

そんな中、お笑い番組だけはハズレがないですね。
単純に面白い。
「M-1」、「THE MANZAI」、「検索チャンネル・ネタ祭り」、「エンタの神様」・・・。



先週放送の「好きか嫌いか言う時間SP」。

番組前半部分では高齢者ドライバーについて論じられた。
若者の「70代になったら免許書は返納すべき」という声に対し、高齢者がコメント。

私が驚いたのは、教習所での「高齢者の研修」。
その実態。

S字&クランク走行、車庫入れなどが満足にできないという実態が明かされたのです。
呆れたというか、唖然としましたね。

教官が「正規の審査なら不合格」と告げた上で、不合格にしないとのこと。
不適格者を見過ごしてる実態、その事実に驚きました。



今後も高齢者ドライバーの事故は減らないでしょうね。
肝心の研修、その合否がこのザマでは。
事故った高齢者ドライバー1人の責任ではない。


私がこれから書くことは、教習所での研修についてではありません。
危機管理と自己防衛、リスク回避です。
車を運転する上での。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ




傷だらけの車をたまに見かけます。
バンパーが凹んでたり、傷からの大きなサビを放置、外周部分の割れ・・・。

こういう車は危険人物が運転していると断定して、近くには駐車しないよう心掛けてます。

駐車しにくい狭い駐車場の店・飲食店へは極力行かない。
駐車するにしても、空いてる時間を狙います。
あるいは、端っこに停めます。

高齢者に限らず、周囲を確認せずにバックするドライバーが存在するんです。
過去に2度、当てられた経験があります。
幸い、2度とも運転席に座っていたので、修理代は徴収できました。
運転席にいなかったら、当て逃げされてたと思う。



事故を防ぐには、巻き込まれないようにするには自分でも考えて行動する必要がある。
面倒でも、不本意でも意識して行動しないとダメなんですよ。

今年の春先、2万円出してドライブレコーダーを取付けたのも、そのひとつ。
自己防衛です。

事故った後、「よく覚えていない」などの常套句で逃げられては腹の虫が収まらない。
到底、納得できるものではない。

そして、警察官や保険会社の方は言うでしょう。
「今回は不運でしたね」と。

相手方の逃げ口上に屈することが無いように、まずはドライブレコーダーの取付けをお勧めします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/27 05:46 ] ラ  イ  フ | TB(0) | CM(2)

Re: こんばんは!

黒猫さん、コメントありがとうございます。


頭入れの車も怖いですよね。
私も、それは警戒してます。
隣には停めません。

駐車場ひとつとっても、区画線幅が狭いところがあります。
ドア開けると隣の車に接触してしまう幅。
主に古い建造物なんだけど。

そういう駐車場も極力、利用しないようにしてます。
[ 2016/12/28 06:26 ] [ 編集 ]

こんばんは!

高齢者ドライバーには更新時に試験をしないとダメですね。
この先まだまだ事故が増えていくと思います。
とは言っても田舎だと移動手段が無くなるから現実的には難しいですね。
そうなると自動車運転に期待するしか無さそうですけどまだまだ先になりますね。

私の場合は駐車場では頭から突っ込んで停めている車の隣には停めない事にしています。
ハンドルを切りっぱなしで停めてる車は地雷の可能性が大ですね(^^)

[ 2016/12/27 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmartin2014.blog.fc2.com/tb.php/1115-43455697