攪拌  激しいアジテーション   (内藤哲也 vs 棚橋弘至)






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


本日16時~、テレ朝チャンネル2で新日本プロレスの大阪城ホール大会が生中継されますね。
「DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL」。

今月3回目の生中継。
6/9後楽園ホールでの「Road to DOMINION」に続き、中1日おいての生中継。
素直に嬉しい。
 (^-^)/

先月末の5/29後楽園ホール大会も生中継されており、連日の生中継は「新規のファン獲得・開拓」を意識しての大盤振る舞いでしょうか?!


 【スポンサード・リンク】




今週のワールドプロレスリングは5/29後楽園ホール大会がメインだった。
「BEST OF THE SUPER Jr.24」公式戦2試合。

しかし、印象に残ったのは5/18後楽園ホール大会の8人タッグ戦。
タグチ・ジャパン×オスインゴ。

試合内容よりも、内藤哲也のベルト蹴飛ばし&叩き付け行為が強烈なインパクト。
そして、内藤×棚橋の場外舌戦。

普通なら、「ニュージャパン・カップの借りを返してやる!」とか、無難なことを言うに留まるんだけどね。
お互い、相手の痛いところをネチネチと突っつくのは珍しい。

ビッグマッチの注目カードだし、これはある意味、試合を盛り上げる為のパフォーマンスなんだけど、リアリティを感じました。
今夜の大会、ジックリとテレビ観戦したい。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[ 2017/06/11 06:47 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)