大仁田厚によって、シンデレラ・ストーリーを歩んだ“極悪大王”ミスター・ポーゴ






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


今朝、日刊スポーツ紙hpを見て知ったのだが、元悪役プロレスラーのミスター・ポーゴさんがお亡くなりになりました。
享年66歳。

また一人、プロレス界を盛り上げた名レスラーがこの世を去りました。
合掌。




私が最初にミスター・ポーゴを知ったのは、新日本プロレスのIWGPタッグリーグ戦だったと思う。
ケンドー・ナガサキのパートナーとして参戦。
ウィキペディアを見ると、藤波辰爾&木村健悟の保持するIWGPタッグ王座に挑戦歴があるとのこと。

「IWGPタッグ王座に挑戦!」といっても、当時の新日本プロレスはどん底の時期。
長州力らの大量離脱で慢性的な人員不足に陥っていた為、挑戦権が回って来ただけの事。
評価されての抜擢ではなかった。


レスラーの人員不足に悩んでいた新日本プロレスは苦肉の策として、全日本プロレスからのレスラー引き抜きを実施。
ブルーザー・ブロディを筆頭に、米ダラス地区で人気を博していたエリック兄弟が新日本プロレスに参戦しました。
ケンドー・ナガサキ(桜田一男)もその際、移籍してきた一人だった。


   【スポンサード・リンク】




ブロディ&スヌーカ、エリック兄弟は観客動員に貢献。
大阪城ホールなどのビッグマッチでファンを熱狂させるファイトを魅せてくれた。

だが、しかし・・・。

ケンドー・ナガサキは然したるインパクトを残せぬまま、いつの間にか新日本プロレスからフェードアウト。

ケンドー・ナガサキはパッとしなかったが、ミスター・ポーゴはもっと地味で目立たなかった。
私自身の主観だが、影が薄かった。


そのミスター・ポーゴが大仁田厚の立ち上げたプロレス団体「FMW」に参戦。
奇抜な数々のデスマッチ抗争を長きに渡って繰り広げることに。

大仁田厚のおかげで、ミスター・ポーゴは悪役レスラーとしての地位を確立。
インディーズ・プロレス界のスターにまで上り詰めた。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
[ 2017/06/26 06:49 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

60分時間切れ引き分けって・・・ (゚д゚)  オカダ・カズチカ×ケニー・オメガ 




閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


6/11日曜日、テレ朝チャンネル2で生中継された新日本プロレスの大阪城ホール大会。
「DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL」。

予め、対戦カードは確認済みでしたが、ここまで魅せるとは!
1・4東京ドーム大会に負けないくらいのボリュームでしたね。
  ( ^o^)

まさに、大盛り上がり!!



 【スポンサード・リンク】





16時に放送開始で、終了が21時頃。
「頃」と書いたのは、私、番組表の終了時間である20時半までしか録画してなくて・・・。
  w(゚o゚)w


いつものように、録画しながらの追っかけ再生。

高橋ヒロム×KUSHIDAのIWGPジュニアヘビー級戦まで視聴。
「残りは明日、見ればいいや」と思い、グッスリ就寝。
発泡酒を呑み過ぎたか・・・。


翌日の月曜日、ネットニュースを見ない様、十分注意しての視聴。

「残り時間5分!」のアナウンス後、再生終了。
まさかの展開ですよ。

いい試合だったが、あと10分、見れなかった悔しさが残ってます。


今後、同じミスを繰り返さぬ様、余裕を思って録画予約したい。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2017/06/13 07:36 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

攪拌  激しいアジテーション   (内藤哲也 vs 棚橋弘至)






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


本日16時~、テレ朝チャンネル2で新日本プロレスの大阪城ホール大会が生中継されますね。
「DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL」。

今月3回目の生中継。
6/9後楽園ホールでの「Road to DOMINION」に続き、中1日おいての生中継。
素直に嬉しい。
 (^-^)/

先月末の5/29後楽園ホール大会も生中継されており、連日の生中継は「新規のファン獲得・開拓」を意識しての大盤振る舞いでしょうか?!


 【スポンサード・リンク】




今週のワールドプロレスリングは5/29後楽園ホール大会がメインだった。
「BEST OF THE SUPER Jr.24」公式戦2試合。

しかし、印象に残ったのは5/18後楽園ホール大会の8人タッグ戦。
タグチ・ジャパン×オスインゴ。

試合内容よりも、内藤哲也のベルト蹴飛ばし&叩き付け行為が強烈なインパクト。
そして、内藤×棚橋の場外舌戦。

普通なら、「ニュージャパン・カップの借りを返してやる!」とか、無難なことを言うに留まるんだけどね。
お互い、相手の痛いところをネチネチと突っつくのは珍しい。

ビッグマッチの注目カードだし、これはある意味、試合を盛り上げる為のパフォーマンスなんだけど、リアリティを感じました。
今夜の大会、ジックリとテレビ観戦したい。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2017/06/11 06:47 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

記憶に残る 『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝決定戦





閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


本日17時~、テレ朝チャンネル2で新日本プロレスの国立代々木競技場・第二体育館大会が生中継されますね。
『BEST OF THE SUPER Jr.24』優勝決定戦。
KUSHIDA × オスプレイ。

Aブロックはオスプレイ1人だけが10点でスンナリ優勝決定戦進出が決まるも、Bブロックは大混戦。
KUSHIDA、金丸、田口、BUSHIが「8点」で並ぶ。

てっきり、代々木体育館で優勝決定戦進出者トーナメントが行われると思いきや、他の3人に直接勝利を収めているKUSHIDAが、優勝決定戦に進出決定。



 【スポンサード・リンク】



昔からの新日本プロレスファンなら、覚えてると思う。
猪木×坂口×クラップ、猪木×ハンセン×シン、猪木&藤波×ハンセン&マードック×アンドレ&グレイ・・・。

昔の新日本プロレスといえば、優勝決定戦進出者トーナメントが憑き物だった。
十八番(おはこ)と言えた。



『BEST OF THE SUPER Jr.24』といえば、トップ・オブ~だったかもしれないが・・・。
優勝戦で一番記憶に残っているのが、エル・サムライ×金本浩二。
何年だったか?
思い出せないが、場所は日本武道館だったと思う。

マスクを剝がされ、素顔を晒した状態のエル・サムライがジャーマン・スープレックスを決めて勝った試合。
めっちゃ記憶に残ってる
印象深い試合だった。


当時から複雑且つオリジナリティな技が使われていたが、エル・サムライは違ってた。
平凡なジャーマン・スープレックスを使い続けていたのだ。

その拘り、そして綺麗なブリッジが妙に光ってました。
 \(^o^)/


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。 

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/06/03 09:19 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

今夜、生中継!  新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.24」後楽園ホール大会





閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


今朝知ったのですが、CS放送テレ朝チャンネル2で、新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.24」後楽園ホール大会が生中継されますね。

佳境に差し掛かった後半戦。
公式戦は4試合組まれてます。

タイガーマスク×エル・デスペラード。
BUSHI×金丸義信。
ボラドール・ジュニア×ACH。
田口隆祐×KUSHIDA。

どれもが注目の一戦。


 【スポンサード・リンク】



「ひょっとして・・・」と思い、今週の放送スケジュールを確認したら、最終戦の国立代々木競技場・第二体育館大会も生中継されますね。

大盤振る舞い。

素直に嬉しいですよ。

とはいえ、実はですね。
私、先日放送の5/17後楽園ホール大会を録画したままでして。

ライガー×TAKAを3分ほど見た程度。
この5/17後楽園ホール大会を見ずに、今夜の後楽園ホール大会を見るのはファンとしては本位じゃないです。

なので、今夜の後楽園ホール大会は録画して、土曜日に見ることになりそう。

「田口、優勝しないかな~」って、思いながら、国立代々木競技場・第二体育館大会を待ちたい。
 (^-^)/


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2017/05/29 09:23 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

全日本プロレスの魅力





閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


昨夜、BS11ch放送の「全日本プロレス イレブン」は、5/9新木場1stリング大会でした。
若手vsベテランの6人タッグとジェイク・リーvs岩本の2試合。

雑誌やスポーツ紙を買って読んでないせいか?
新日本プロレスはともかく、それ以外の団体について、現況を把握し切れていない。

KAIや田中稔が何故、全日本プロレスのリングに上がっているのか?
WWE所属の日本人レスラーについて。
大仁田厚の動向(引退報道)など。


 【スポンサード・リンク】



昨夜の「全日本プロレス イレブン」には解説者として木原リングアナが登場。

木原リングアナは過去にサムライTVでの全日本プロレス中継で解説を担当。
その語り口は耳に心地良く、私の中では好印象として残っていた。

木原リングアナは番組中、「全日本プロレスの魅力は6人タッグにあり」とコメント。
かつての長州率いるジャパン・プロレス軍との激闘にはじまり、全日本プロレス本隊vs天龍同盟、鶴田&田上vs超世代軍・・・。

その歴史は長くて、確かなものであった。
6人タッグマッチを見て、全日本プロレスのファンになった人は多いと思う。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2017/05/26 07:33 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)

BS11 月一放送「全日本プロレス イレブン」





閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


BS11chで、月一放送されている「全日本プロレス イレブン」。
先月3/20放送分が第6回の放送でした。

この「全日本プロレス イレブン」。
毎月見ているプロレスファンはどれくらいいるのだろうか?


業界の老舗、新日本プロレスは地上デジタル放送以外にもBSやCS、オフィシャルサイトでの動画配信など、幅広くやっている。
ネット社会の現在、断トツの情報発信力を誇っている。
海外でも知名度は高いと思う。



 【スポンサード・リンク】




月一とはいえ、「全日本プロレス イレブン」は定期放送されている数少ないプロレス番組だ。
今のプロレス界の低迷ぶりを考えると、貴重と言える。

3/20放送の第6回は、春の祭典「チャンピオン・カーニバル」の特集だった。
出場選手と公式戦の組み合わせが紹介され、番組後半では昨年の優勝決定戦「ゼウスvs関本」の映像も流された。


明日4/26の放送内容が注目される。


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/04/25 06:11 ] プロレスリング | TB(0) | CM(0)