記録尽くし

   【スポンサード・リンク】




閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


昨日、史上最年少プロ棋士、藤井聡太六段が名人戦・順位戦C級2組10回戦で三枚堂達也六段と対局し、勝利。
これで、史上6人目の全勝1期通過となります。

全勝1期通過は数年に一人の快挙。
公式戦は連勝継続。
その数15。

「対局数、勝数、勝率、連勝と記録部門4冠」。
これは対局中継で度々報じられてたので知ってたが、1期抜けが過去に5人もいるとは知らなかった。

すでにC級1組への昇級を決めているのだけど、10戦全勝で終えるとはねぇ。
凄い事なんだけど、藤井聡太六段だから普通の出来事に思えてしまう。



   【スポンサード・リンク】





藤井聡太六段×三枚堂達也六段の対局はamebaTVで観戦しました。
解説は佐々木勇気六段など数名。

やっぱり、「誰が解説するのか?」
これは重要ですね。

見ていて、退屈な気分にならない。
ダラーっとする時間、“間”が無かった。


最新型で勝っても、1週間も経てば攻略法ができちゃってて、次の対局では使えない。
それくらい、将棋の世界は厳しい。


だが、藤井聡太六段の対局を見ていると、そういう壁を感じない。
全くと言っていいほど。

ジャンルは違うけど、桜庭和志がグレイシー一族をバッタバッタと下してる時を思い起こさせる。
あるいは、マイク・タイソンがKO勝ちを続け、全米にセンセーショナルを巻き起こした時のような衝撃。
あのインパクトに似てる。


今現在、藤井聡太六段は15連勝中だが、楽勝ばかりではない。
苦戦も強いられている。
プロデビュー後に何度か負けてるし。
だが、しかし・・・。


藤井聡太六段の強さ。
それを一言でいえば、“負ける姿を想像できない”棋士か。

対策を練って攻略しようとしても通じない。
得体の知れない不気味さを感じる。

今後も藤井聡太棋士の対局を見られることは、将棋ファンにとって愉悦(悦び)である。
 (^-^)/


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】
スポンサーサイト
[ 2018/03/16 07:49 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)

注目の師弟対決

   【スポンサード・リンク】



閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


昨日行われた第68期王将戦1次予選2回戦。
杉本昌隆七段×藤井聡太六段。

将棋ファンなら御存知の通り、2人は師弟関係の間柄。
普段の公式戦以上に注目が集まった。


私がこの対局を知ったのは確か、テレ朝「羽鳥慎一のモーニングショー」。
“将棋界の一番長い日”を振り返るコーナーだった気がします。

“将棋界の一番長い日”とは、A級順位戦最終局が行われる日のこと。
A級棋士10名が一斉に対局を行い、最終順位を決定するのです。

“将棋界の一番長い日”については過去に当ブログでも触れてます。



   【スポンサード・リンク】



“将棋界の一番長い日”は今年、スカパー!での放送は無かった。
amebaTVとニコニコ動画が放送権を獲得していたからだと思う。

私はamebaTVで観戦。
断片的な観戦だったが、緊張感漂う全5局を同時に観戦できました。

“将棋界の一番長い日”はスカパー!での放送は無かったが、昨日の杉本昌隆七段×藤井聡太六段は囲碁将棋チャンネルで生中継された。
緊急生中継。


午前と午後の2部構成。
残念ながら、午後6時までに終局することはなく、感想戦は見れなかった。
だが、見ることは無いと思ってた師弟の公式戦初対局を見れたことに満足してます。

タイトル戦ではない、普通の公式戦。
それも1次予選の2回戦を生中継したことが異例。

生中継の緊急決定。
藤井聡太六段の活躍次第で今後もこのケースは増えるのでしょう。
楽しみですね。 \(^o^)/


藤井聡太棋士は現在六段ですが、昇段ペースが早すぎて協会は対応に追われてるとのこと。
雑誌などの書物上、対局の放送時のテロップなどが4段、あるいは5段のままになってるので。

その辺のこと、思わぬプレミア品については「羽鳥慎一のモーニングショー」でも触れてました。
ちゃんと深堀してるところが心憎い!

見逃した方は残念でしたね。
  W(`0`)W


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】

[ 2018/03/09 06:33 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)

待ちに待った公式戦初対局




閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


今日は、朝日杯将棋オープン戦の準決勝&決勝が行われます。
組み合わせは以下の通り。

羽生善治竜王 VS 藤井聡太五段
久保利明王将 VS 広瀬章人八段

準決勝の勝者同士で同日午後、決勝戦が行われます。

注目はやはり藤井聡太五段ですね。
相手は、羽生善治竜王ですから。

持ち時間は40分の早指し戦とはいえ、公式戦での対決は要注目。
熱戦を期待したい。



   【スポンサード・リンク】



朝日杯将棋オープン戦の模様は、朝日新聞デジタル、ニコニコ生放送とAbemaTV、日本将棋連盟ライブ中継で視聴可能。
私はAbemaTVで視聴します。

午前10時過ぎからはスカパー!のテレ朝チャンネルでも生中継されるので、コチラを見ます。
パソコン画面で見るより、40型テレビで見る方がイイので。

ただ、テレ朝チャンネルの解説者が誰なのか?
それは現段階では不明。
なので、解説者次第ではAbemaTVで見ようかなと。

早指し戦とはいえ、NHK杯トーナメントよりも持ち時間ありますから。
考慮中の解説者、その内容は重要。


午前8時半から、AbemaTVで放送中。
今、「朝日杯を10倍楽しむ見方」をやってます。
ファンにとっては、こういう番組が嬉しい。
現役棋士がざっくばらんに語らう姿は貴重ですから。



  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】

[ 2018/02/17 09:04 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)

新たな金字塔 史上初の「永世7冠」 羽生善治







閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


昨日の第30期竜王戦7番勝負第5局(二日目)で羽生善治棋聖が勝利し、史上初の「永世7冠」を達成しました。

対局が平日開催の為、私はスマホで観戦。
断片的に、abemaTVとニコニコ動画を交互に見ました。


本当に、良い時代になりましたね。
今更ながら。

外出先、仕事の合間に対局を生中継で見られるのですから。
  \(^o^)/


   【スポンサード・リンク】



まず、誤解を防ぐために書きますが、羽生善治棋聖が竜王のタイトル奪還したということ。
これはこれでニュースです。

羽生善治棋聖以外の、無冠だった棋士ならば、ビッグニュースになります。
過去に獲得歴のある棋士なら、それなりに・・・。

今回、羽生善治棋聖は、竜王の「永世称号」を達成し、「永世7冠」の称号を得たのです。
一見、ややこしいですが・・・。

因みに、モータースポーツのF1では“モナコ・マイスター”という言葉があります。
モナコGPに際立って強いドライバーに冠せられる通称。
モナコGPを複数回制すると称される場合もある。


話を永世資格に戻します。

7つあるタイトルの永世資格は、通算や連続の数で若干異なる。
それぞれ違いはあれど、容易く達成できることではない。

本当に凄い事。
快挙。
とんでもないことなのです。
「永世」の称号を獲得するということは。


そもそも、数多くの棋士との対局を経て、タイトルを獲得すること自体が困難。
非常に険しい。
シンドイです。

タイトルに挑戦することだけでも快挙なのです。




将棋の強さ、それを人へ伝えるのが難しい。
将棋に興味のない人に対しては特に。

柔道を筆頭にスポーツ界では段位があります。
書道などの文芸界でも。


将棋界では肩書である段位は今現在の棋力を表すとは限らないのです!
対局中、テレビ画面に段位が表示されるけども。


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



   【スポンサード・リンク】
[ 2017/12/06 08:14 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)

ボリューミーだった先週末






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


先週末、9/2~3の土日は将棋界では注目の対局が幾つか組まれており、それに合わせての特別番組も放送されました。
中心は、デビュー29連勝を飾った藤井聡太4段棋士。

過熱気味だったワイドショーでの報道も最近は鎮火傾向。
落ち着いた雰囲気になってます。

ポツンポツンと敗戦を喫してはいるものの、私には勢いが衰えたとは映りません。
異論はあると思いますが、好調キープではないでしょうか?!





土曜日に囲碁将棋チャンネルで生放送された「第7期 加古川清流戦」。
ルールや出場メンバーは将棋連盟オフィシャルサイトを見ていただくとして。

女流棋士やアマ棋士を交えてのトーナメント戦。
棋士四段位&奨励会三段位上位者が上位を占める大会。

皆、キャリアが浅いけど、指し筋は斬新。
勝敗予想は難解で、見ていて楽しめる。


日曜日は、Eテレ「NHK杯テレビ将棋トーナメント」。
2回戦、永世名人の資格を持つ森内俊之九段×藤井聡太四段。

2~3週間前から、生中継と報じられた一局。
長引けば、放送時間を延長することも発表された。

併せて、9/2土曜日には特別番組「名棋士が読み解く 藤井聡太4段 “強さ”の秘密」を放送という力の入れよう。


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


 【スポンサード・リンク】
[ 2017/09/05 07:38 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)

注目の一戦、そして抽選会・・・






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


今日は高校野球、甲子園大会の抽選会がありますね。
午後4時~。

以前、有馬記念の枠順抽選をBSフジでライヴ中継してましたが、甲子園大会の抽選会も試しにライヴ中継して欲しいですね。
まあ、私は光TVに加入してるので、スカイAでの抽選会は毎年見れてますけど。
 w(゚o゚)w

近年、清宮幸太郎選手の活躍で高校野球は注目されてます。
秋のドラフト会議のように、甲子園大会の抽選会も地上波で放送される日が来るかもしれません。



   【スポンサード・リンク】





話は変わって。

今日は注目の一局が組まれてます。
将棋界の話です。

第67期 王将戦 一次予選。
菅井竜也七段×藤井聡太四段。
午後1時~。

通常、この時間帯は銀河戦が放送されてるのですが、今日は差し替え。
異例の5時間弱の生放送。

藤井聡太四段はデビューからの連勝は止まりましたが、今注目の若手棋士だけに、「放送してくれ!!」という要望が寄せられてるのでしょう。
多分。

今日は、この一局を録画予約して出勤します。
甲子園大会の抽選会は見なくてもいいかなって。
スマホで抽選結果は見れますからね。
 (=゚ω゚)ノ


  ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願いノ致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/08/04 08:26 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)

型破り!  スポーツ新聞の1面トップだけでなく・・・  (゚д゚)






閲覧ありがとうございます。
ミシェル・マーティンです。
(以下、全て敬称略)


ガラケー携帯からスマホに変えて、もうすぐ丸一年。
月々の料金が倍以上になったのは少々不満だが、使い勝手抜群。
ニュースが自動的に送られてくるので、時事ネタにも強くなった。


昨日、ドコモ・ショップへ行ってきました。
週末と違い、平日は空いてますね。
土日だと大体、一時間は待つんだけど。

雑誌は古い物ばかりだったので、スポニチをチョイス。



   【スポンサード・リンク】





一面トップは、「藤井聡太四段の公式戦28連勝」でした。
これは予想通り。
連日、ワイドショーで取り上げられてますから。

旬な話題。
一面トップは当然で、必然か!?


ここんとこ、ワイドショー小池都知事(築地市場)と加計学園問題、そして藤井聡太四段の“3強”状態。
芸能人のスキャンダル問題は二の次。

将棋の棋士が、芸能人よりも先に取り上げられてる異常事態!?
   (^∇^)ノ


 ↓ 記事が面白かったら是非、クリックお願い致します。  

PVランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


[ 2017/06/23 04:10 ] 将  棋 | TB(0) | CM(0)